愛知県

ポンレヴェック

東海人気blogランキング→

ポンレヴェック

蟹江にあるカフェ。

 

冨吉駅から歩いてすぐにお店はあります。

私のブログにコメントくださった禅さんに教えていただき、

ようやくいくいことができました。

 

ですが。。。

こちらの店舗は本日までの営業となり、

9月上旬に学戸2丁目(旧 六二証券跡)に移転するそうです!

 

ですが、とっても素敵なお店でしたので、

こちらのブログで紹介させてください。

 

こちらのお店は実は、ラジオでも、評判を聞いておりまして、

パンやさんであることも知っていました。

パンやさんは大好きなので、併設されている

こちらのパンコーナーも見るのを楽しみにしていました。

美味しいパンが沢山。

味つけも好みのものが多かったです。

(でもお値段がちょっと高めに感じたのは否めません。)

 

さて、楽しみにしていたポンレヴェックランチ。

私は45分も待ちようやく席に座ることができました。

 

並ぶことは非常にバカらしいと思っているほうなので、

行列には並ばないほうなのですが、

この日は久し振りに我慢!

すごくおなかをすかせ、まっていました。

 

で、こちらにきたら食べてみたかったのが

ポークシチュー

ポークシチュー、ありました^^

こちらはこのメニューが人気なんですよね。

楽しみにしていました。

 

 

 

ですが。。。

 

 

 

 

なんと、こちらの名物メニュー、売り切れでした(涙)

 

非常にざんねんでしたが、

今回は違ったものを頼みました。

 

そのランチのメニューです。

ランチの内容は、サラダパンスープ

 

サラダ
写真では伝わりにくいですが、かなりのボリュームでした。
おなかがすきすぎたせいで、
これだけでもおながが一杯になりそうでした。

 

パン
こちらも沢山のパンが運ばれてきました。
硬いはずの種類のパンも、食べやすかったです。

 

スープ
(白いんげんと、ベーコンのカスレ仕立て)

 

 

ボリュームのある鶏肉が惜しげもなく、使われています。
長時間煮込んで作る豆のシチューというのは
普段あまりいただく機会がないので
個人的にうれしいメニュー。
味付けはしっかりしてます。

濃い味付けがOKな方は最後まで
美味しく味わえるとおもいます^^

 

こちらはもう一つのランチのスープ。
たっぷり野菜と豚肩ロースのトマトシチュー

どちらかというと、
こちらのほうがカスレよりも薄味でした。

 

そして最後にデザートと、ドリンクをいただきました。

おなかが一杯でしたが、

他の席で食べていたのをみて、ついついつられてしまいました。

あっさりとした、白桃のプディングと、チョコレートのタルト

 

こちらのお店は

とってもボリューム満点で、

雰囲気も明るくすてきなお店でした。

 

次回行く機会があれば、

ぜったいポークシチュー食べたいと思います。

名古屋に関してのblogならこちらのサイトにもたくさんあります☆★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ

こちらのランキングにも登録しました。
よければ、応援宜しくお願いします★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファイブ ブログランキング

【住所】
【アクセス】
【Tel】
【営業日時】
【定休日】
【URL】http://www.pont-leveque.co.jp/

2 comments

  1. 実花→禅さん

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.8) Gecko/20100722 Firefox/3.6.8 ( .NET CLR 3.5.30729)
    ●禅さん●
    こんばんは!
    いつもおいしい情報をありがとうございます。
    そちらのお店のパンは、
    いただいたことがあり、
    美味しかった記憶があります。
    今度は直接店舗にいってみたいとおもいます。

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; CMNTDF)
    禅です。最近美味しいパン屋さんを見つけました。北名古屋市にあるマナの森と言うパン屋さんです。
    小さなお店ですが、一つ一つ、魂のこもったパンを味わえます。お勧めは、ミニクロワッサンやキャラメルラスクと白いバターロール、コルネの美味しいですよ。来月、野嵯和さんに行ってきます。

コメントを残す