Daily Archives: 2007/06/11

名古屋 観光

【観光】四間道(しけみち) 名古屋市西区

Published by:

国際センターの一本裏にはいると、
歴史情緒溢れる風景が見られます。
名古屋市西区にある四間道(しけみち)です。

四間道
実は、最初、 四間道(しけみち)を、
四間道→しげんどう?
って読んでました。
そんな方いらっしゃいませんか?
四間道」は、
城下町尾張名古屋の面影を残す古い道で、
元禄13(1700)年に元禄の大火といわれる火事により、
1649軒の町屋と15の寺社が焼失してしたことを教訓に、
尾張藩4代藩主の徳川吉通が、
江戸時代初めに商家の焼失を避けるため、
防火対策として道幅を四間(約7メートル)に広げた道とのこと。
(当時としては7メートルは広かったそうです。)
なるほど、
だから四間道(しけみち)というのですね。
四間道の西側には民家があります。
民家の屋根には、
名古屋の古い町特有の・・・
四間道
「屋根神様」
がまつられています。
町内の厄よけ火難除けのためだそうです。
全国的にも珍しいものだそうです。
その道を一本はいると、
また雰囲気のいい情緒ある風景。
四間道
四間道
素敵!
名古屋駅付近にこんなにレトロな街並みがあったなんて、
新たな発見でした!
ブログを初め、とうとう1年が経ちました☆
毎回読んでくださっている方や、コメントくださる方、
また、ブログランキングでの応援をしてくださる方、
いつも本当にありがとうございます。
今後、名古屋をもっと楽しめるような情報を
わかりやすくお伝えできたらと思ってますので、
どうぞ、お付き合いを宜しくお願いします。
名古屋に関してのblogならこちらのサイトにもたくさんあります☆★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気blogランキングへ